最新情報

3月2日・3日は”FXDR"DAY! かっこいいんだけどポジションがなぁ・・・。

2019/02/26

inline_cb5ea6965e738f439a0cbe3222e990de_314e901d8261.jpg

2019モデルラインナップで一際目を引くのがFXDRS。

ドラッグレーサーにインスパイアされたデザインは正にロー&ロング。

地を這う様なスタイルは見る者を魅了します。


・・・が、しかし!


実車をご覧になった方はご存じだと思いますが、とにかくハンドル・フットペグが遠い・・・。

我々日本人にはしんどいポジションなのです。

今日はそんな悩みの解消法をご提案。

まずは2月にリリースとなったリーチシート。

inline_l6be479d571cd163c5526d510f18f589_d76a6bc62fe7.jpg

標準シートと比較し着座位置が38㎜前方へ移動します。

ちなみに標準シートとの比較がコチラ。

inline_x2a1cdc19f803954fa0f4cf8794dc78c_5f500b24d428.jpg

inline_d169fd41f985a132cca0a400804a399a_e390972e3b41.jpg

明らかに膝の曲がりが違います。

シートの交換はフットペグだけでなくハンドルまでの距離も近くなるので一石二鳥。シートデザインもノーマルルックスを崩さないのが嬉しいトコロです。


さらにこのFXDRSはクリップオンハンドルを採用している為ハンドルの角度の調整が可能なのです。

inline_b3ef72db0b98ec26429d8d73448cf698_ac1647a5e8a6.jpg

少し内側に角度をつける事で格段に乗り易くなります。

また、トップブリッジカバーを外すとライザー用の穴が開いているのでこれまでのハーレーと同じ様にライザー&ハンドルの組合せにも対応しております。

inline_h09a220cd73353909097b5fa1ccbc19e_a3377cb2e5d9.jpg


ハーレーの醍醐味でもあるカスタム。

パフォーマンスアップやドレスアップを求めてカスタムするのが主流ですが、この様にご自身の身体に合わせてカスタマイズするところから始めると更に楽しくなります。


「ハーレー欲しいけどちょっと大きいなぁ・・・」なんて思っている方。

ぜひ1度ご相談下さい!

実際に跨りながらアドバイス差し上げます。

まずはご来店いただき実車に跨ってみて下さい♪

前のページへ戻る